女の人

まつげエクステが目元をチェンジ!【つり目もたれ目も自由自在】

効果は絶大

女性

処方される医薬品

まつげ育毛剤の中には医薬品となっている商品があります。医薬品ですので医師の処方箋無しには、購入する事ができません。しかし、臨床試験などを経て効果があると認められているので、育毛や発毛効果は絶大です。医薬品のまつげ育毛剤は元々、緑内障の治療に使われてきた点眼薬でした。緑内障患者の中に「まつげが長くなった」・「太くなった」という副作用の報告があったのです。点眼薬に含まれる成分の中に、まつげの発毛を促したり、濃くするものがあり、このような副作用が出たのです。この副作用を逆手にとり、今ではまつげ育毛剤として緑内障治療の点眼薬を活用しています。まつげが貧弱、短いといった悩みを解消できるとして人気を集めています。

クレンジング後に使用

まつげ育毛剤はクレンジング後に使用する事で、より効果をアップできます。アイシャドウなどのメイク成分や皮脂が残っている状態だと、育毛を促す有効成分が毛根に浸透できません。ですのでケアはクレンジング後に行いましょう。より、まつげを長く・太くしたいと思い何度も、育毛剤をつけてしまいがちですが、目の中に液が入ってしまうと充血や痒み、ドライアイといった副作用を引き起こす危険性があります。ですので、目の中に育毛剤が入らないようにつけるのがコツです。専用のアプリケーターやブラシを使い、アイラインを引くような感覚でまつげの根本に塗れば、目の中に育毛剤が入り難いでしょう。また、何度も塗ってしまうと皮膚にトラブルが起こる可能性があるので、1日1回の使用に留める事がお勧めです。